唯一無二のマイホームが建てられる

「マイホームを建てるなら、とことんこだわりたい!」という場合には、フルオーダーで建てる注文住宅がおすすめです。フルオーダータイプは、間取りや内装、外装はもちろんのこと、住宅に使用する木材や床材、窓の種類といったすべての要素を指定して家づくりをしていきます。また住宅を建てる土地の形状や広さに合わせて設計ができるので、土地を活かした自由度の高い住宅を建てることが可能です。

またフルオーダータイプは何もないところから自由に設計できるため、特にこだわりたいポイントにはそれなりに費用をかけ、費用を抑えたいポイントは予算内で調整するなど、無駄なく予算に合わせて仕様を調整できるのも魅力です。ご自身のライフスタイルに合わせたこだわりの家づくりを実現できるでしょう。

デメリットもきちんと理解しよう

当然フルオーダータイプにもメリットだけでなく、デメリットもあります。一つは、他の住宅プランに比べて圧倒的に手間がかかることです。住宅に使用する材料選びから関わるため、担当の住宅設計事務所の人もサポートは当然してくれますが、自分のこだわりをきちんと住宅に反映するためには、ある程度の建築関連の知識を身に付ける必要はあるでしょう。加えてフルオーダータイプは設計にゼロから関わるため、かなりの頻度で設計事務所と打ち合わせすることになります。そのため住宅が完成するまでの時間もそれなりにかかります。

しかし、自分のこだわりを詰め込んだ、世界に一つだけの住宅が建てられるのはフルオーダータイプだからこそです。フルオーダータイプの住宅を建てるための過程に手間や労力すら楽しめるのであれば、フルオーダータイプは最適な住宅プランといえるでしょう。

新築一戸建ては長年住み続けるものでもあるため、将来を見据えて可変性のある間取りにしておくことも大切です。