注文住宅のデメリットをカバーするには?

注文住宅といえば、設計の自由度が高いことで知られます。特にフルオーダータイプであれば、住宅に採用する素材やデザインあるいは間取りや設備など、あらゆる部分に施主のニーズを反映させることが可能です。ただし設計の自由度が高い反面、施工期間の長さや建築コストなど、様々な面でデメリットがあるのも事実。また既に完成している建売住宅と比べ、建築業者との打ち合わせ頻度も増えるので、専門的な知識や経験に疎い素人の施主であれば、負担感が増すことも十分に考えられます。 だからといって諦める必要はありません。そんな注文住宅のデメリットを上手にカバーできる、魅力的な選択肢があるからです。それがセミオーダータイプの注文住宅。次にセミオーダータイプの特色やメリットを紹介します。

自分たちが必要な部分だけをオーダーで

セミオーダータイプの注文住宅では、あらかじめ住宅の基本的な仕様が規格化されている点に、大きな特色があります。したがってフルオーダータイプに比べ、設計の自由度も一定の範囲内に抑えられています。とはいえセミオーダータイプであっても、間取りはもちろんデザインや設備等を自由に決めることは可能です。例えばキッチンをグレードダウンしたり、逆にバスルームをグレードアップするなど、自分たちの予算やライフスタイルに合わせて変更することができます。

このように施主が必要とする部分だけを上手にオーダーすれば、フルオーダータイプのように建築コストが増大したり、施工期間が長期化するといった、様々なデメリットを回避することも可能でしょう。さらに専門的知識に疎い素人の施主であっても、業者に任せられる部分が多いので、負担も少なく済みます。

分譲住宅とは一定のまとまった土地を分割し、区画ごとに建売住宅が販売される形態を指します。業者が比較的大規模な土地を一括で購入し、上下水道やガス管などのインフラを整備した上で販売するのが通常です。