そもそも注文住宅のフルオーダータイプとは何か?

設計の自由度が高いことで知られる注文住宅ですが、その度合も完全な自由設計のフルオーダーから、一定割合でメーカーに設計を委ねるセミオーダーまで、様々なタイプがあります。フルオーダーでは住宅に採用する素材や機能あるいはデザインや設備に至るまで、建築に関するほぼ全てにおいて施主が指定を行います。このため完成後には施主のニーズや好みを十分に活かした、満足感の高いオンリーワンの住宅を手に入れることが可能です。

また建売住宅とは異なり、建築現場で作業のプロセスを最初から確認できるのも、注文住宅ならではのメリットでしょう。その上、フルオーダーであれば素材やデザインなどを一つ一つ細かくチェックし、もし設計と不一致な部分を見つけたり、途中でデザイン等の変更を求めたい場合にも、直ちに修正を指示することが可能です。

フルオーダーだと施主の負担が大きくなる?

もちろんフルオーダーにもデメリットはあります。まず施工期間が長期化する傾向があること。住宅に採用する素材だけでも、独自のオーダー製品をそろえる必要があるため、着工前から十分な時間が必要になります。また大量生産できる規格住宅はもちろんセミオーダーの注文住宅と比べても、その工程は複雑なものになりがちです。このため契約から完成までの時間がどうしても長くなります。

それに伴い、建築コストの面でもデメリットが生じます。大量生産の規格住宅ではないので手間や時間がかかり、人件費だけでも必然的にコストが上がります。その上、素材やデザインあるいは設備などがオーダー製品になるので、さらに余計なコストがかかってしまうのです。また建築業者との打ち合わせ頻度が高くなるため、施主にはそれだけの専門的知識も求められます。建築について素人の方ならば、あらかじめ一定の勉強が必要になるかもしれません。

購入費用を抑えられること、すでに完成している家を購入できるためすぐに入居が可能なことなどが建売住宅のメリットとして挙げられます