低コストで希望の家を建てることが可能

注文住宅は、設計段階から一から携わるフルオーダーばかりではありません、セミオーダーという注文住宅の建て方があります。セミオーダーとは、あらかじめ建築業者が用意したパターンの中から好きな設計を選び、それらを組み合わせて家を完成させていくスタイルの注文住宅です。建売住宅と注文住宅の中間ともいえるでしょう。このセミオーダーのメリットは、フルオーダーよりも低コストで希望の家を建てることができるということです。ある程度パターンが決まり、組み立て式で建てることも多いので、コストを低く済ませることができます。 注文住宅といっても、建築に関する広く深い知識を有している人は少ないです。少ない知識でもパターンの中から選ぶことで、希望を十分に反映させることができる点もメリットとなります。

メリットを最大級にするには業者選びが重要

セミオーダーのメリットは、低コストで希望を叶えることができるという点ですが、このメリットを最大限発揮させるためには、業者選びが重要となります。業者選びに失敗すると、希望を十分に反映させることができません。セミオーダーの注文住宅を建てる際には、業者の担当者と相性が良いかどうかを基準とすることが重要となります。業者によってどれだけのパターンがあるかは様々ですが、その中から希望にぴったりと寄り添うものを見つけることは難しいこともあります。相性が良く、趣向が似通った担当者ならば、依頼者が述べた希望条件から、その希望に最大限寄り添う提案をしてもらうことができます。

反対に、相性が悪ければ、何となく気にくわないということを繰り返すかもしれません。相性の良い担当者に相談して、希望に合うプランを提案してもらうとよいでしょう。