建て主の希望を尊重したデザインになる

注文住宅には様々な種類がありますが、中でもフルオーダータイプは個性を表現するのに最適な方法と言えます。建物のデザインは施工会社が扱うテンプレートに沿って決められるのが普通ですが、フルオーダータイプなら建て主の希望を最優先する形になるので、建売住宅のような画一的な外観を避けたい人に向いていると言えるでしょう。建物の耐久性や法律上の問題もありますが、フルオーダータイプの注文住宅を扱う会社は専門家が常駐しているので建てた後になってから問題が生じるという心配はありません。建て主のイメージを尊重しつつ、現実的な問題もクリアしてくれるので安心してデザインを決めることができます。住まいにこだわりたい、個性を表現したい人には理想的な建て方です。

建材や工法にも独自のこだわりを持つことが可能

一般的な住宅はコストを低く抑えるため、量産品の建材を使う傾向があります。耐久性に問題はありませんが、画一的なデザインなので似たり寄ったりな感じになるのも事実です。その点、フルオーダータイプなら建材をこだわって選ぶことができるので、天然素材や健康志向など独自の方向性を持たせることが可能です。建築工法も選ぶことができるので、より安全な建て方を実施することは決して難しくありません。特殊なデザインの外観にすることもできるので、マイホームに強いこだわりを持つ人ほどフルオーダータイプは理想的な建て方でしょう。手間がかかるうえに特注品を使う形になるのでコストが嵩む欠点はありますが、金額に見合うだけの満足感を得ることができます。